一戸建て住宅、集合住宅それぞれの魅力

住宅は大別して一戸建てと集合住宅に分けられますが、このどちらにも長く住んだ経験を生かしそれぞれの魅力をお伝えしたいと思います。

まず一戸建ての場合、一番大きな要素として「騒音等で近所迷惑をかける確率が比較的低い」ことだと思います。もちろん一戸建てであっても隣の家との距離や周囲の環境等で一概には言えませんが、集合住宅の場合は壁一つ隔てて隣には他人が住んでおられるわけです。わずかな物音でも隣、または上下の階の部屋の方に漏れ聞こえる事も少なくありません。その点、多少なりとも距離を保てる一戸建てなら少々の物音なら迷惑にはなりません。小さな事かもしれませんが、こういった事に「気を遣わなくていい」のは随分気が楽なのです。

次に集合住宅の良いところですが、「転居のしやすさ」だと思います。これも一概には言えないかもしれませんが、一戸建て住宅に住もうと思うとどうしても費用が高くなります。もしも高額な費用を払ったのに、その家に住めない事情が出来てしまったら悲惨ですよね。売り払えれればいいですが、かかった費用の全てを取り戻せるわけでもありません。対して集合住宅の場合、賃貸で入居できる物件も多く、少なくとも短期的には安価で済みます。という事は何か問題があったり、転勤などで都合が悪くなったりした時に比較的気軽に転居が出来る訳です。これが集合住宅の1番大きなメリットだと思います。